平成23年度定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金

<平成24年6月12日(火)更新>

平成23年度「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」に関する大型カスタム蓄電システムの蓄電池部認証について

1. 蓄電池部の認証

指定認証機関から認証を受けていないリチウムイオン蓄電池を使用する場合は、補助金申請者が予約申請を行うまでに、SIIが指定する指定認証機関から「SBA S1101:2011」を満たしているかどうかの部品認証を受けなければならない。
補助金申請者は、当該大型カスタム蓄電システムの予約申請時に指定認証機関の認証書のコピーを大型カスタム蓄電システム製造事業者等から受け取り、予約申請時と交付申請時に提出すること。

  • ※認証書の内容が部品認証(条件付き)の場合は、大型カスタム蓄電システムを製造後、出荷前に指定認証機関から当該部分の条件を満たした部品認証を受け、交付申請時に再発行された認証書を提出すること。
  • ※詳しくは「補助対象基準」を参照。

※この資料をご覧になるには、Adobe Readerが必要です。こちらからダウンロードしてください。

指定認証機関についてはこちら

このページの先頭へ