1. ホーム
  2.  > 平成29年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業
  3.  > Webプログラム未評価省エネルギー・システム登録について

平成29年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業

  • システム登録公募について
  • 登録済 システム一覧

平成29年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業 Webプログラム未評価省エネルギー・システム登録について

お問い合わせ

<平成29年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業」について>
TEL:03-5565-4081(平日10:00〜17:00)
公募内容
Webプログラム未評価省エネルギー・システム登録の公募

本事業では、現行のエネルギー消費性能計算プログラム(以下、「Webプログラム」という。)で省エネルギー効果を評価できない技術のうち、一定以上の省エネルギー効果を定量的に示す事が可能なシステム(以下、「Webプログラム未評価省エネルギー・システム」という。)について、公募を行い、審議、選考し学識経験者を含む関係分野の専門家で構成された審査委員会で定められた審査基準に基づき、応募のあったシステム提案者に対し審査を経てSIIに登録、公表を行います。
Webプログラム未評価省エネルギー・システムの登録申請は、当該技術の商用権利を有するものが「システム提案者」として1システムに対して1登録を行うものとします。

Webプログラム未評価省エネルギー・システム登録要件

(1)システム提案者の要件

システム提案者とは下記の要件を満たす者をいいます。

  • ①当該システムの導入を遂行する能力を有する者であること(手続代行者と別でも可)
  • ②技術内容に関するSIIからの問い合わせに対し、適宜適切に対応できる者であること(必要に応じ技術内容に関するヒアリングを実施する場合があります)
  • ③システム技術登録を利用して本事業へ申請する補助事業者や手続代行者に対し、誠実に対応できる者であること。
  • ④日本国において法人格を有する法人であること。

(2)登録対象となるシステムの要件

登録対象となるシステムは以下①〜③の要件を全て満たすこと。

  • ①本事業の公募要件を満たす住宅に当該システムを導入することで、住宅全体の年間一次エネルギー消費削減率を5%以上を向上させる効果が見込まれるシステムであること。
    その際、当該システムのエネルギー消費量および削減効果について計算結果を定量的に示すことが出来ること。
  • ②①に示す資料に用いる計算において、各業界における統一的な計算方法が確立されていること。
  • ③住宅への導入実績を有するシステムであること。

申請書類

システム登録の申請をする場合は、SIIが定める期間内に下記の書類を提出してください。

  • ①Webプログラム未評価省エネルギー・システム登録申請書
  • ②システム登録内容の裏付けとなる技術資料(様式自由)※概要の詳細及び導入実績を明記してあること
審査

学識経験者を含む関係分野の専門家で構成された審査委員会で定められた審査基準に基づき、応募のあったシステムについて登録の可否および削減効果を審査します。

審査の結果、削減率5%以上の効果があるものと評価されたシステムを導入する事業には、一般公募の採択審査において削減率5ポイント相当の加点評価を行います。
また、削減率10%以上の効果があるものと評価されたシステムを導入する事業には、一般公募の採択審査において削減率10ポイント相当の加点評価を行います。(一般公募要領P.35参照)

システム登録利用書の発行

審査の結果登録されたシステムについて、SIIはホームページで公表するとともに、システム提案者に対して「システム登録利用書」を発行します。

スケジュール

システム登録公募期間

平成29年4月4日(火)〜平成29年4月24日(月)17時必着

※Webプログラム未評価省エネルギー・システム登録公募の受付を終了しました。

システム登録公表及びシステム登録利用書発行

平成29年5月中旬(予定)

このページの先頭へ