平成25年度補正予算 定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金

補助対象機器の管理について

補助金受領後から取得財産処分制限期間(6年)以内においては、設置した補助対象機器を管理し、補助金の交付の目的に従って効率的運用を行わなければなりません。また、以下のような変更や処分をする場合においては、必ず事前にSIIへ電話連絡を行い、SIIの指示に従ってください。

  1. 1.不具合等により補助対象機器を交換する場合
  2. 2.補助対象機器を処分する場合
  3. 3.補助対象機器の設置場所を変更する場合
  4. 4.補助事業を近親者に承継する場合

<平成26年12月1日(月)更新>

平成25年度補正予算「定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金」の補助金の申請について

予約申請について
1. 予約申請

蓄電システムを選定し、本補助金事業の補助対象機器であるか確認後、必要書類を添えて予約申請をしてください。
予約申請が審査により認められた場合は、SIIから発行される 「予約決定通知書」 を受領し、蓄電システムの契約・購入、設置をしてください。
「予約決定通知書」 を受領前に蓄電システムの契約・購入、設置がされた場合は補助対象外となります。

2. 予約申請受付期間

平成26年3月17日(月)〜平成26年12月31日(水)(必着)

  • ※予約申請の受付期間内に提出されたものであっても、書類等に不備がある場合は、認められない場合があります。必ず不備の無いように申請をしてください。
  • ※予約申請の合計額が予算額に達した場合、申請受付期間内であっても予約申請の受付を終了します。
3. 応募要領・交付規程

以下の応募要領と交付規程をダウンロードし、内容をご確認のうえ予約申請をしてください。

4. 予約申請書類

申請書をご記入の際は、 「予約申請の手引き」を必ずご一読ください。

■個人申請 個人が申請する場合(個人事業主含む)

■法人申請 法人が申請する場合

■共同申請 リース等により設置する場合

5. 提出書類の簡易化

本補助制度の補助金申請について、多数申請を予定されている法人申請者、並びに共同申請の対象機器所有権者につきましては、 「補助金申請書簡易化承認申請書」 の提出をすることにより下記の申請書類の簡易化が可能です。簡易化を希望する場合は、事前に 「補助金申請書簡易化承認申請書」 を提出してください。尚、この承認申請については、書類の簡略化を認めるものであって補助金の申請を認めるものではありません。


簡易化が可能な書類

  • ・実在証明書
  • ・財務諸表
  • ・通帳・口座証明書
  • ※上記3種の書類の内、一部書類のみの簡易化は受け付けません。必ず一式揃えて承認申請を行ってください。

この承認申請が審査により認められた場合は、申請から2週間程度で 「申請書類の簡易化確認書」 をSIIより送付します。以降の予約申請については、実在証明書、財務諸表の添付に代わり 「申請書類の簡易化確認書」 を必ず添付してください。また、交付申請については、通帳・口座証明書の添付に代わり 「申請書類の簡易化確認書」 を必ず添付してください。

  • ※上記の承認申請書を提出いただいても、審査により認められない場合があります。また、この承認申請を認めた場合であっても、SIIが指定事業者として認定するものではありません。
交付申請について
1. 交付申請

「予約決定通知書」 を受領後、速やかに蓄電システムの契約・購入、設置を行い交付申請をしてください。交付申請に際しては、蓄電システムが使用できる状態で販売業者から引渡しを受け、且つ補助対象費用の支払いの完了後、必要書類を添えて交付申請をしてください。交付申請が審査により認められた場合、SIIは 「交付決定通知書」の発行と補助金の支払いを行います。

2. 交付申請受付期間

平成26年3月17日(月)〜平成27年1月31日(土)(必着)

  • ※交付申請の受付期間内に提出されたものであっても、書類等に不備がある場合は、認められない場合があります。必ず不備の無いように申請をしてください。
3. 交付申請書類

申請書をご記入の際は、 「交付申請の手引き」を必ずご一読ください。

■個人申請 個人が申請する場合(個人事業主含む)

■法人申請 法人が申請する場合

■共同申請 リース等により設置する場合

4. 個別クレジットの利用について

個別クレジットで蓄電システムを購入する場合は、SIIに 「個別クレジット契約による補助金受給に関する取決書」 を提出できる場合に限り、蓄電システム機器費用の支払いの完了前の交付申請を認めます。

個別クレジットに関するご案内はこちら

各種届出書について
1. 予約決定後の取下げ

予約決定通知書を受領後、何らかの理由で契約・購入、設置に至ることが出来ず、交付申請書の提出が出来ないと判断された場合は、速やかに 「予約申請取下げ届出書」 をSIIへ提出してください。
蓄電システムの設置を取止めたにもかかわらず、速やかに取下げ届出書を提出しない申請者、並びに申請代行者に対して、次回以降の申請を受け付けない等の措置を取る場合があります。

2. 予約決定後の各種変更

予約決定通知書を受領後、申請内容に変更がある場合はSIIへ連絡を行い、予約申請取下げ届出書または補助事業計画変更届出書を提出してください。

【取下げ届出書・再申請が必要な例】

  • ・機器の購入金額の変更に伴う補助額の増額を希望する場合
  • ※補助額の再計算による補助額の増額を希望しない場合は不要です。

【変更が発生した時点で補助事業計画変更届出書の提出が必要な例】

  • ・申請書の記載間違い
  • ・連絡先電話番号の変更
  • ・交付申請予定日の変更

【交付申請の時点で補助事業計画変更届出書の提出が必要な例】

  • ・蓄電システムの型番変更
  • ※蓄電システムの型番変更については、SIIへの電話連絡は不要です。
    交付申請時に補助事業計画変更届出書を添付して提出してください。(交付申請書には変更後の型番を記入してください。)
  • ・設置場所住所の変更
  • ※住居表示確定等による変更は、交付申請書への記載のみ行い、補助事業計画変更届出書の提出は不要です。
申請書類提出について
1. 郵送先

 申請書類は、下記の宛先に郵送で提出してください。
(下記郵送先への持参による提出では申請できません。)

  1. 〒115-8691
  2. 赤羽郵便局私書箱45号
  3. 一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)
    審査第三グループ
    リチウムイオン蓄電池補助金 申請担当宛て
2. 郵送する際の注意事項
  • ・郵送料は送付元のご負担となります。2014年4月1日(火)より、郵便料金が変わりますので、料金不足で不着とならないよう郵便窓口からの郵送をお勧めします。
  • ・受理した申請書等は返却しません。申請書類一式のコピーを必ず保管してください。
  • ・送付する封筒には必ず差出人の住所・氏名を記入してください。また、表面に「申請書在中」と記入してください。
  • ・必ず郵便にて送付してください。メール便・宅配便等による送付はできません。
  • ・SIIから申請者に対し、申請書類を受け取った旨の連絡はしませんので、到着確認を行いたい場合は、配送状況や到着の確認ができる書留やレターパックなどをご利用ください。
  • ・申請書類は折り曲げ厳禁です。

お問い合わせ

一般社団法人 環境共創イニシアチブ 審査第三グループ リチウムイオン蓄電池補助金申請担当
TEL:03-5565-4958
受付時間は平日の10:00〜12:00、13:00〜17:00です。また、通話料がかかりますのでご注意ください。

このページの先頭へ