1. ホーム
  2.  > 定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金
  3.  > 大型カスタム蓄電システム指定資格審査機関の公募について

平成23年度定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金

<平成25年12月9日(月)更新>

交付申請の提出期限 : 平成26年1月31日(金)消印有効
※平成26年2月1日(土)以降の消印のものは、交付申請を受付ません。

提出期限について、詳しくはこちら

【「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」についてのお知らせ】

本日(9/13)、経済産業省より本補助金の「補助対象に当たらないもの」の考え方が示されましたので、今後、以下の通りの運用といたします。

経済産業省によるリリース「定置用リチウムイオン蓄電池補助金についてのお知らせ」

予約申請の提出期限 : 平成25年9月30日(月)消印有効
但し、蓄電池設置場所住所が 「本補助金を前提に地方議会の議決がなされている地域」の場合、引き続き申請を受付いたします。

大型カスタム蓄電システムに関する製造事業者等の指定資格審査機関の公募について

1. 公募事業名称

定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金

2. 大型カスタム蓄電システム指定資格審査機関

大型カスタム蓄電システム指定資格審査機関とは、蓄電容量が10kWh以上であり、蓄電システムの使用者(所有者)と、蓄電システムを提供する事業者(製造事業者等)の間で仕様に関して書面による合意が存在する蓄電システム(以下、「大型カスタム蓄電システム」という。)において、製造事業者等がSIIの定める資格審査基準を満たしているかについて審査を行う機関としてSIIに登録された者である。

大型カスタム蓄電システム指定資格審査機関は、SIIによる監査や指導を受けながら、大型カスタム蓄電システムを製造する事業者に対して、SIIが定める製造事業者等の資格審査基準を満たしているかどうかの評価および審査業務を行う。その上で大型カスタム蓄電システム製造事業者等に対して資格審査結果報告書を発行するほか、実績報告の提出などを行うこととする。

大型カスタム蓄電システム指定資格審査機関の発表についてはこちら

3. 審査業務の概要

大型カスタム蓄電システム指定資格審査機関は、以下の業務をSIIに代わり行う。

(1)審査作業
大型カスタム蓄電システム指定資格審査機関は、蓄電システム製造事業者等からの依頼を受け、SIIが定める「大型カスタム蓄電システムに関する製造事業者等の資格審査規則」(※)を満たしているかについての審査作業(書類審査及び工場審査)を行う。
(2)審査データの報告
1) 資格審査結果の報告
大型カスタム蓄電システム指定資格審査機関は、大型カスタム蓄電システム製造事業者等から依頼のあった資格審査の結果について、必要に応じてSIIが指定するデータを提出する。

※SIIに提出されたデータは、SIIから国に提出された後、統計的な処理等を行った上で、国またはSIIから公表される場合があります。但し、機密情報、個人情報を公表することはありません。

2) 資格審査状況の報告
大型カスタム蓄電システム指定資格審査機関は、審査作業を行っている案件に関して、SIIが求めた場合、審査状況について件数、内容等の報告を行う。

※「大型カスタム蓄電システムに関する製造事業者等の資格審査規則」はSIIに取りに来ていただくか、SIIにより郵送することとします。

4. 指定資格審査機関への応募方法

「指定資格審査機関公募要領」をダウンロードし、応募期間内にご応募ください。

※この資料をご覧になるには、Adobe Readerが必要です。こちらからダウンロードしてください。

※この資料をご覧になるには、Excel Viewerが必要です。こちらからダウンロードしてください。

5. 指定認証機関の応募期間

平成24年5月7日(月)〜平成24年5月14日(月)17:00必着

  • ※採択された指定資格審査機関は本ページで公表いたします。
  • ※但し上記募集期間は事業開始に向けた一次締切であり、今後も随時受け付けます。

このページの先頭へ