1. ホーム
  2.  > 平成26年度 エネルギー使用合理化等事業者支援補助金
  3.  > 平成26年度 エネルギー使用合理化等事業者支援補助金の交付決定について

 平成26年度 エネルギー使用合理化等事業者支援補助金

<平成27年1月13日(火)更新>

平成26年度 エネルギー使用合理化等事業者支援補助金の交付決定について

公募内容

平成26年6月9日(月)〜平成26年7月1日(火)の公募期間に申請のあった事業を対象

1. 補助事業の概要

既設の工場・事業場等における先端的な省エネ設備・システム等の導入であって、「省エネルギー効果・電力ピーク対策効果」、「費用対効果」及び「技術の先端性」を踏まえて政策的意義の高いものと認められ、エネルギー使用合理化等事業者支援補助金交付規程に基づき一定の要件を満たす事業に対して国庫補助金(経済産業省からのエネルギー使用合理化等事業者支援補助金交付要綱第3条に基づく国庫補助金)の交付を行います。
具体的には、工場・事業場等における既設設備・システムの置き換え、又は、製造プロセスの改善等の改修により、省エネルギー化を行う際に必要となる費用を補助します。また、電力ピーク対策についても支援対象に追加するとともに、エネルギー管理支援サービス事業者(以下「エネマネ事業者」という。)と連携し、エネルギーマネジメントシステム(EMS)を導入することでより一層の効率的・効果的な省エネルギーを実施する事業を支援対象に追加することとします。

2. 対象者

事業活動を営んでいる法人及び個人事業主。

3. 事業区分及び補助率
事業区分 名称 補助率

省エネ設備・システム導入支援

補助対象経費の
1/3以内

Ⅲ.エネマネ事業者を活用する場合は、補助対象経費の
1/2以内
※Ⅲ単体での申請は不可

連携事業を実施する場合は、補助対象経費の1/2以内

※Ⅱ単体では適用しない

電気需要平準化対策設備・システム導入支援

※詳細については、公募要領をご覧ください。

エネマネ事業者一覧はこちら。

4. 補助金限度額

上限:1事業あたりの補助金 50億円/年度

下限:1事業あたりの補助金 100万円/年度 (補助金100万円未満は対象外)

※補助率1/3の場合は補助対象経費300万円、1/2の場合は200万円。

5. 事業期間

交付決定日から平成27年1月30日

原則単年度事業とする。

補助事業の交付決定

SII内に設置した学識経験者等からなる審査委員会において「省エネルギー効果・電力ピーク対策効果」、「費用対効果」及び「技術の先端性」等について、厳正な評価・審査を実施し、採択決定しました。

※この資料をご覧になるには、Adobe Readerが必要です。こちらからダウンロードしてください。

このページの先頭へ